避難所の集約が本格化 熊本市は3分の1閉鎖

●避難所の集約が本格化 熊本市は3分の1閉鎖
(朝日新聞 2016年5月9日09時07分)

 熊本県を中心にした一連の地震で、大型連休明けの本格的な学校再開などを控え、同県の一部自治体が8日、避難所の集約を本格化させた。熊本市は21カ所の「拠点避難所」を設けて避難者の移動を進め、約3分の1の58カ所を閉鎖。朝日新聞の取材では、宇城市と八代市も避難所の集約を進めている。

 熊本県によると、県内に最大855カ所あった避難所が8日午後1時半には342カ所に。避難者数、避難所数ともにピークだった本震翌日の4月17日朝には18万3882人が避難していたが、8日午後には1万3883人だった。

 熊本市では7日に161カ所で約5千人が避難していたが、8日には拠点避難所への集約で58カ所を閉鎖。避難者がバスなどで移動した。一部避難所は学校施設にあり、授業再開の支障になることも背景にある。市は拠点避難所に看護師を24時間態勢で配置したり、間仕切りを設けたりして、生活環境の改善も図る。

続き ↓↓
http://www.asahi.com/articles/ASJ585HH8J58TIPE01D.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

8,157スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

アーカイブ