心のケア必要な小中生2143人 熊本市教委、カウンセラー増

心のケア必要な小中生2143人 熊本市教委、カウンセラー増
(西日本新聞 2016年05月17日 02時13分)

 熊本市教育委員会は16日、市立小中学校の全児童生徒6万1039人にアンケートした結果、熊本地震の影響で心身に異変が見られ「カウンセリングが必要」と判断した子どもが2143人に上ることを明らかにした。同日、まず小中学校29校にスクールカウンセラー27人を新たに配置し、重点的にケアを始めた。

 アンケートは4月25日~今月13日、全137小中学校の児童生徒の精神面を把握する目的で実施。「おなかが痛いことが続く」「つらかったことが頭から離れない」などの設問に答えてもらった。アンケート後に各校が子どもから直接聞き取りをするなどし、心のケアが必要な小学生1310人、中学生833人を選んだ。市教委によると聞き取りでは「ちょっとした物音におびえる」「1人で家にいるのが怖い」「(風呂、トイレなど)被災した場所にいたくない」「余震で目が覚めてしまうと眠れない」などの声が上がったという。

 市教委は23日にカウンセラーをさらに増員する予定。児童生徒に心的外傷後ストレス障害(PTSD)などが疑われる場合は医療機関と連携し、「全力を挙げて子どもたちの心のケアに取り組む」としている。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/245685

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

8,157スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

アーカイブ