仮設住宅、ペット同居OK 熊本県内16市町村「孤独を癒やす」

仮設住宅、ペット同居OK 熊本県内16市町村 
「孤独を癒やす」
(西日本新聞 2016年06月10日 13時40分)

 熊本地震で仮設住宅が建設される熊本県内16市町村の全てが、ペット同伴での入居を認めることが県への取材で分かった。「1人暮らしの高齢者などにとってペットは家族同然で、孤独を癒やす存在」として県が5月、市町村に配慮するよう求めていた。

 県によると、2004年の新潟県中越地震でも関係自治体で同様の措置が取られた。一方、11年の東日本大震災では一部でペットを原則不可とする自治体もあり、ペットとの暮らしを優先して車中泊を選ぶ被災者もいたという。

 県は4~5月、県内の避難所でペットを飼っている被災者の状況を調査。飼い主のほとんどが、仮設住宅でペットとの同居を望んだという。16市町村は仮設住宅計2689戸を建設する。既に入居が始まった甲佐町では、90戸のうち25戸がペット同伴だった。

 16市町村ごとにペット同伴の細かな決まりは異なり、原則室内飼いとする自治体もあれば、制限していない自治体もある。熊本市は、入居申請者に動物アレルギーの有無を記入してもらい、ペット同伴世帯は、ペットを飼っていない世帯と別の区画に配置するなど配慮する。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/251058

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

8,157スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

アーカイブ