教職員6%「うつ、PTSD傾向」 熊本市教委調査で判明

教職員6%「うつ、PTSD傾向」 熊本市教委調査で判明
(西日本新聞 2016年06月28日 01時00分)

 熊本市立の小中高校、幼稚園など全148校・園の教職員2813人のうち約6%に当たる178人が、熊本地震の影響で、うつや心的外傷後ストレス障害(PTSD)の傾向があると判定されたことが27日、市教育委員会への取材で分かった。

 市教委によると、全校で授業が再開した5月16日から6月3日にかけ、全教職員4597人(非常勤講師など除く)を対象に調査を実施。2813人から回答を得た。憂鬱(ゆううつ)で気分が沈みがち▽イライラしたり怒りっぽくなったりする-など、うつの傾向を調べるのが6項目。地震を思い出させるような場所や人、話題などを避けてしまう▽地震を思い出して動揺することがある-など、PTSD関連で9項目を尋ねた。

 うつの6項目中、5項目以上が該当し「傾向がある」とされたのは66人。PTSDでは9項目中、6項目以上が該当し、「傾向がある」とされたのは83人だった。両方の傾向がみられた教職員も29人に上った。178人のうち156人が、臨床心理士のカウンセリングを受けたり、医療機関を受診したりしたという。

 市教委によると、2014年度の1年間に心身の不調を訴えて、市教委実施の精神科医との面談に訪れた教職員は48人。地震の影響で、心に問題を抱えた教職員が大幅に増えたことがうかがえる。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/254805

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

8,157スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

アーカイブ