ジェンダー・多様性配慮とリスク削減に関する公開イベントのお知らせ

JICA主催の表記イベントが開催され、当センター共同代表の池田恵子もパネル討議のモデレーターとして登壇いたします。アジア各国の防災関係者が集い議論するというまたとない機会です。ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国際協力機構(JICA)公開イベント
「ジェンダー・多様性と災害リスク削減: アジアの現場から」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3回国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組2015-2030」では、災害リスクに対して、より広範で、より人間を中心にした予防的アプローチの重要性が認識されました。災害が与える影響は、男女間、年齢、障害の有無等で異なるため、防災に関する政策・計画等の策定と実施の際には、予防、緊急対応、復旧・復興の各段階においてジェンダーや多様性の視点が重要です。そのためには女性や多様な人々が活動や意思決定に参画できるよう、機会が確保されることが重要です。また、女性のリーダーシップ向上が重要であることも確認されました。日本政府は、同会議において「仙台防災協力イニシアティブ」を発表し、その具体的な施策の一つとして防災における女性のリーダーシップを推進するための研修の実施を表明しました。

国際協力機構(JICA)は、政府のイニシアティブを受けて、アジア7カ国(インドネシア、スリランカ、タイ、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム)から各国のジェンダーや防災の行政官とNGOの方を日本に招き、ジェンダー・多様性と災害リスク削減について共に学ぶために東北の復興の現場を訪問いただきます。

アジアからの参加者の帰国を前に、ジェンダーと多様性の視点に立った災害リスク削減に関する各国の現場の事例や取組を紹介いただき、仙台防災枠組の実現のため、具体的な方法について考える場を作りたいと思っております。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

【開催概要】
●日時:2016年3月3日(木)14時から17時
(受付開始13時半から、交流会17時から18時)
●場所:東京 JICA市ヶ谷ビル 2階国際会議室

http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html

●定員:100名(先着順・事前申込制)
●参加費:無料
●言語:日本語・英語(同時通訳あり)
●主催:国際協力機構(JICA)
●運営実施:アイ・シー・ネット株式会社

【プログラム】
14:00-14:10 開会
14:10-14:20 主催者挨拶:国際協力機構(JICA)
14:20-14:40 基調講演:堂本暁子氏 男女共同参画と災害・復興ネットワーク代表
「ジェンダー・多様性とDRR~地域住民の視点から~」
14:40-15:00 事例発表:Saroj Dash氏
CONCERN Worldwide, North Korea Country Manager
「CONCERNのジェンダー多様性とDRRの取組:私たちの学びと課題」
15:00-15:10 休憩
15:10-16:30 パネル討議:モデレーター:池田恵子氏
災害と男女共同参画 研修推進センター 共同代表
パネリスト:招へい者代表 3人
田端八重子氏 一般社団法人GEN・J 代表理事
16:30-17:00 質疑応答
17:00-18:00 交流会:招へい者との意見交換(逐次通訳あり)

【お申込み】
下記URLへアクセスし、web上でお申込みください。ご登録いただいたeメールアドレスへ、お申込み完了のお知らせが自動送信されます。
https://icnet.smartseminar.jp/public/seminar/view/109

web申込みができない場合や、お問い合わせは下記運営担当者へご連絡ください。
アイ・シー・ネット株式会社 森田080-9807-7590、小林080-5931-9601

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

1,613スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アーカイブ