災害時の健康支援チーム、厚労省が養成へ

災害時の健康支援チーム、厚労省が養成へ
(読売新聞 2016年05月19日 15時15分)

 厚生労働省は、災害時に機能が低下した被災自治体の保健所などで、保健医療対策を補佐する「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEATディーヒート)の養成に乗り出す。

20160519-OYT1I50020-N
 感染症対策への助言や、支援者の配置・医療関連物資の供給を円滑に進める役割を担う。熊本地震でも相次いだ災害関連死を減らす効果も期待されている。全都道府県にまず、5人程度のチームを置くよう求めており、将来的には被災地への派遣も目指す。

 DHEATは、公衆衛生を担う医師や保健師、栄養士ら行政職員を中心に5人程度で構成。救急医療を担当する災害派遣医療チーム(DMATディーマット)や、心のケアにあたる災害派遣精神医療チーム(DPATディーパット)などとの調整役になるほか、避難の長期化に備えて被災者対策を考え、支援者や物資の配置などについても助言する。

続き↓↓

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160519-OYT1T50074.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

8,157スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

アーカイブ